育毛剤はホルモンとどう関わるのか?

男性型脱毛症の原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)
によるものだと言われています。
このDHTは、脱毛ホルモンとも言われています。
DHTの発生を抑制する事で、脱毛を少なくし、
薄毛の対策とする事が出来ます。
育毛剤の中には、
このDHTの発生を抑制するという物があります。
DHTが発生するには、
男性ホルモンのテストステロンと、
5aリダクターゼという物が、結合する必要があります。
逆に言うと、この5aリダクターゼの結合をブロックできれば、
DHTの発生を抑制できます。
DHTの発生を抑制する育毛剤というのは、
この5aリダクターゼの結合をブロックする働きがあるのです。
このように男性型脱毛症の原因になるホルモンに
直接働きかけるのですから、
こういった育毛剤には効果が期待できそうですね。
既にいくつも市販されているようです。
一度試されるのもいいかもしれません。
とは言え、育毛剤の効果には個人差があるのもまた事実です。
その事も踏まえておきましょう。

育毛剤について考えてみる。

薄毛対策として、いろいろな方法があるのでしょうが、
育毛剤を使うという事が、
まずは考えられるのではないでしょうか。
世の中にはいろいろな育毛剤があふれています。
広告がいろいろな媒体で流れていますね。
育毛剤には薬用のものも多く、
ある程度の効果は期待できるのではないでしょうか。
育毛剤は物によって、
いろいろな方向から育毛を行なおうとしています。
毛根に直接働きかけるような物もありますし、
漢方薬に使う成分を利用した物もあります。
また、頭皮の状態を、
髪の毛が生えるのに適した状態にする事で、
育毛を実現しようという物もあります。
一概にどの方法が正しいとは言えないので、
自分の気に入った物から順に使っていくしかないでしょう。
しかし、髪の毛というのは生えるまで時間がかかるものですから、
効果が出るまでにも時間がかかると覚悟しないといけません。
ひとつひとつじっくりと付き合っていけば、
自分に合った、効果がある物が見付かるはずです。

男性が薄毛になりやすいのは?

女性も薄毛になりますが、
男性はもっと顕著に薄毛になってしまいます。
この差はいったいなんなのでしょうか?
この男性が特に薄毛になるというのは、
男性型脱毛症というがあるせいなのです。
原因として考えられているのは男性ホルモンです。
テストステロンという男性ホルモンが、
この症状を引き起こしていると考えられています。
このテストステロンが、
ジヒドロテストステロンという物質に変化することによって、
髪の毛が成長するためのヘアサイクルに乱れが生じ、
細くて弱い髪の毛が生えてくるようになるのです。
そして結果として、薄毛になるのです。
男性ホルモンが原因なので、女性では発生しないのです。
不公平と嘆いていても仕方がありません。
男性として生まれた宿命と思って
付き合っていかなくてはいけません。
この男性型脱毛症は、進行性のものなので、
徐々に症状、つまり薄毛がひどくなってきます。
育毛をする事によって、
どうにか進行を食い止めたいところです。

ヘアサイクルについて。

髪の毛には成長のサイクルがあります。
ヘアサイクルと呼ばれるものです。
髪の一生と言えるでしょう。
こうした知識を得ることで、確かな育毛につなげましょう。
まずは成長期です。
髪の毛が生えて、成長していく期間を言います。
髪が伸びていくというのは、この期間の事を言います。
2年~7年続きます。
次が退行期です。
髪の毛の成長は止まります。
そして毛根の先にある毛乳頭が頭皮から外れ、
頭皮からの栄養補給が止まります。
この期間が2週間~3週間です。
そして最後が休止期になります。
毛根の先が縮んでしまいます。
この状態になると、いつでも脱毛が出来るようになります。
そして脱毛するのです。
このようなサイクルを経るので、
脱毛自体は自然な事です。
1日50~100本程度抜けて行くと言われています。
髪の毛は10万本程度あると言われているので、
この自然な範囲の脱毛であれば、何も心配する必要はありません。
ただ、抜ける毛の量がどうも多すぎるとなってくると、
薄毛の心配をしないといけなくなるでしょう。

髪の毛は頭を守っている。

髪の毛というものは、そもそも何故あるのでしょうか?
脳の入った大切な頭を守るためにあるのです。
まずは衝撃に対する守りです。
膨らんだ髪の毛が、衝撃を緩和します。
温度変化に対する守りも大切な要素です。
髪の毛が空気の層を作り、寒暖の変化から頭を守ります。
世界には温度の変化が激しいところが多いので、
こうして身を守らないといけないわけですね。
さらに気を付けたいのは直射日光です。
直射日光は有害な紫外線を含んでいるので、
直接肌に当てるのは避けたいところです。
身体の一番上にある頭は、
一番直射日光が当たる場所でもあります。
真っ先に守らないといけない場所になります。
髪の毛がその直射日光を上手く防いでくれるのです。
また、髪の毛というのは、
体内の有害物質を体外に排出するという重要な役割もあります。
髪の毛の中に有害物質を含有させ、
発毛と同時に体外に出すのです。
こういった、様々な役割が、髪の毛にはあるのです。
大事にしていきたいところですね。